日本ES開発協会|日本の未来の”はたらく”を考える

2010年度 Good job on 日光 

日光徒歩行軍PR


【参加者の声】


(帝京大学3年
田中 宏和さん)

 この『日光街道徒歩行軍』では、しおりの作成と日光街道の歴史の調査を中心にがんばりました。

本番前日までしおり作りと歴史の調査を行い、夜遅くまで準備をしました。

そして、当日の行軍の中で皆さんに各地の歴史をナビゲートさせていただきながら歩きました。

皆さんに日光街道沿いの歴史を分かりやすくお伝えすることがいかに難しいかということを痛感し、次回までに直しておきたいと思いました。

また、本当に歴史を伝えられているのか半信半疑でしたが、参加された皆さんから「良かったよ」などの感想を多く頂いたとき、とても嬉しく思いました。
次回はこの感動を超えられるナビゲートをどんどんしていきたいと考えています!

(東京経済大2年
石崎 遥子さん)
 今回、私がこのプロジェクトに参加させていただいた理由は、日常得られない何かを発見したいと思ったからです。そして、学生スタッフとして少しでも企画の力になれればと思い参加しました。CWRやゴミ拾いをグループで行動しながら行うことで、朝ではぎこちなさがあったものの、懇親会ではいろいろな方々が声をかけてくださって仕事や社会に対する私の質問にも真剣に熱く答えてくださる方ばかりでした。また徒歩行軍の方たちの歩く姿をみて、社会に出ている大人はこんなにもパワーがあるのかと圧倒されてしまいました。私も社会に出るならば、パワーをもった元気のある大人になりたいと思いました。また、その雰囲気を周りに広められる大人になりたいです。「未来の大人像を描く」ことに気づけたことが私の得たことのひとつであったと思います。今回は自分のことで精いっぱいでしたが、次回は周りの方に何ができるか、地域の方といかに触れ合うかを考えていきたいです。
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

コメント受付中です!

コメント受付中です!